<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春のファッション・・・?

ダンナが また買って来た。

この前、例によって 浅草の「トランジット」さんへ出向き、おNEWのハーネスを2本(正確には3本)買って来た。
HPでチェックしといた柄で、1本はピンクの鹿の子。春らしくて可愛い★
もう1本は、薄紫の矢絣。これも「はいからさん」っぽくって素敵★
「トランジット」さんのは、どーしてこうも可愛いんだろうかと 感心してしまう。
お陰で、ペット用品のお店に行っても、ハーネスや首輪を 全く見なくなってしまった。
以前は、隅から隅までチェックしたんだけどね〜。
洋犬ならともかく、やっぱし柴には和柄だすっ!!

もう1本は、ちょいとプレゼント用に。
凛と色違いのハーネスを。凛は黄色、プレゼントには 鮮やかなピンクを。
誰かは明かせないけど、楽しみにしてて下さいましねー。

そして水曜日。
職場の人と、横浜の中華街でランチしたダンナ。
enoenoが羨ましがったのに気が引けたのか、聘珍楼の甘栗と「ホタル」の急須&茶碗のミニセットのおみやげ。ふふふ。
甘栗好きな方、是非 聘珍楼の甘栗をお試しあれ。止まりません。断言します。
茶器のセットも、中国茶器好きなenoenoを黙らせるに 格好の逸品。へへ。
そして、凛。
真っ赤なチャイナドレス。
・・・っつったって、全身を被うタイプじゃなくて、お腹の部分はベルトの様になっていて 背中だけ”チャイナ”してるタイプ。
小型犬が着てるのは見たことあるけどさー、柴犬にチャイナって。
でも、こういう時に黒毛は得だなぁ〜と思ってしまう訳。ミョーに似合ったりして。
写真は、また今度アップしますんで。お楽しみに。

enoenoも、黒い洋服が多いのだ、日頃 会ってる方は御存知の通り。
黒い色の服を好む人は「自分を深く知られることを望まない人」だそうで。
・・・う〜ん、合ってる気もするかな。
黒毛の凛は・・・「凛ちゃんを無視しないでよっ!うっとおしくしないでよっ!」
関係ないみたい。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-24 23:37

ぷータレ凛

数日前から、凛の右後ろ足の指の毛が禿げて 赤くなっていた。
気にはなってたんだけど、様子を見てると 結構 頻繁に舐めたり齧ったりしてるので、ダンナが病院に連れて行った。
そう、凛のかかりつけ病院には、声の高〜い ハイテンションな女の先生がいるのだ。
凛は この先生が苦手。毎回「凛ちゃんっ!NO〜ぅっ!!」と叱られるから。

足の傷を診てもらうと、ちょっとした傷口から雑菌が入ったとかで、大したことではなかったようで、ひと安心。
で その後、伸びきった爪を切ってくれるようお願いする。
いつもなら”口輪”をはめられてしまうんだけど、今日は 怪我のこともあって”エリザベスカラー”をはめられたらしい。ぷぷぷ。
それでも暴れた凛は、センセイと一緒に押さえ付けていたダンナの腕に ギィーっと3本の引っ掻き傷を作る始末。(これがまた 痛そうなんだけど・・・)

その時、センセイが一言。
凛ちゃん、プーしたでしょっ!?
嗚呼、やってしまったか・・・。
凛は、最近でこそしないけど、車に乗せ始めた頃は 緊張のあまり車内でプーするのは当たり前で、横に座るenoenoは 絶大な被害を被っていたのだ。
ただでさえ あんまり好きじゃないセンセイに、しかも爪まで切られて、凛の緊張はピークに達していたのだ。はっはっは。

ウチに帰って、ダンナにお風呂に入れてもらって、散々な目に合った 凛の一日だった。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-22 23:34

こんにちは、ねじゅみ。

ウチに、またもや家族が増えました。

ついこの前、「ねじゅみ」が永い眠りについて、水仙の花の根元に埋めてあげて、ダンナと「もう、ハムスターを飼うのは 止めようね。」って話してたのに。
翌々日の夜 enoenoが帰宅すると、ダイニングテーブルの上に 小さな箱が。
ハムスターの絵が描いてあって、見ると「\1100」と書いてある。
・・・え?
慌てて、廊下の隅のケージを覗きに行けば、キレイに掃除したケージの中に 何やらうごめく物体がっ!

落ち着かない様子で、顔を撫でたり ひまわりの種を齧ったり、それは小さい「ねじゅみ」なのだ。
あー・・・また買ってきてしまった。ダンナがやった。
「どーしてっ!?」って問いつめると、「ん?」と、スッとぼける始末。
どーしてかなぁっっっっっっ!!!

家族になった以上は 仕方がない。面倒見ますから。
今度のねじゅみは、まだ落ち着かない様子。ずっと寝てばっかり。
まだ、どんな子なのか よく判らないけど、長生きしてね。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-16 23:04

おやすみ、ねじゅみ。

今夜、我が家の もう1匹のペット「ねじゅみ」が、長い眠りにつきました。

enoenoが 小動物アレルギーの為に、みんなと一緒にリビングにいさせてあげることができず、廊下の片隅にケージを置いて、そこで暮らしていました。
以前から ジャンガリアン・ハムスターは飼っていたんだけど、可愛くて ついつい いじってしまうから、とても短命だったことを反省し、このねじゅみは 放ったらかしにしておいたせいか、2年半も元気にしていました。

ダンナが、その前の「ねじゅみ」が亡くなった次の日に、ペットショップで買って来たその子は、ケージの中で「・・・あのー・・・」って感じで 居心地悪そうに座ってました。
しばらくは、ケージの前を通るたびに「あのー・・・」って話し掛けるように、こっちを向いていたのを思い出します。
でも、少しして慣れたのか、本来の気性の荒さが出て来て、ケージによじ登っては ガジガジと噛んでみたり、「じゅっ!!」と怒ってみたり、なかなかの強者でした。

夕べも、enoenoが夜中にお風呂に入ろうと ケージの前を通った時、「じゅっ!」とひと鳴きしてました。
まさか 今夜 死んじゃうなんて 、思いもしないくらいの元気だったのにな・・・。

さっき、ケージの中の 木のお家で、丸くなって寝ているように死んでいたねじゅみの背中を撫でてみました。
毛が、まだフワフワと柔らかかったです・・・。
今頃になって撫でてあげるなんて、ゴメンね ねじゅみ。そして、ありがとね。

明日、お庭の水仙の花の近くに 埋めてあげようと思います。
ねじゅみも、虹の橋を渡って行ったんでしょうか。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-11 01:52

辰巳の森

今日は、気持ちいいお天気で。
ホントはさ、お布団干したり お掃除したり お洗濯したり、あと確定申告の書類を書いたりしたかったんだけど・・・。
「どこも行かない」と夕べ ダンナに言ったところ、何だか機嫌を損ねたようなので。
凛号で、お出かけしたのでした。
珊瑚&銀牙じーじから、埼玉の「お散歩会」に誘われてたんだけど、ちょいと遠いもんで、はい。ゴメンなさい・・・。

で、今日は 首都高に乗って、江東区の「辰巳の森海浜公園」の中にあるドッグランに行ってみたのでした。
e0033676_19124178.jpg

広さは、大井のドッグランと そんなに変わんないかな。小型犬用もあるし。
ただ、公園としての環境は こっちの方が”勝ち”ですかね。芝生がキレイでした。
ドッグラン自体は、大井同様 ウッドチップ。ワンコにとっては とっても具合がいいんだけど、何せ 先週の悪天候の名残りか、ウッドチップの下の地面がドロドロで、飛びつかれようもんなら エラい汚れ様になってしまって。
でも、凛は 珍しくわっふわっふと走り回り、楽しそうでした。
e0033676_19133845.jpg

・・・シャッターチャンスを狙ったのに、瞬きしたなっ!?

帰りに、この前 リード・オフして走り回った広場に行ったんだけど、まだ日が高い時間だったんで リード・オフできないし、この前遊んでくれたワンコは 姿を現さないし で、結局 お散歩程度で帰ってきました。
ここも、結構な広さの公園で、”多目的”のような広場が そこかしこにあるんですが、どこもみんな基本的にリード厳守です、当然ながら。
でもね、「芝生地で球技は行わないで下さい」の立て看板があったって、みんな球技で遊んでるよ?
だったら、この だだっ広い”多目的広場”の一部でいいから、ワンコの為に開放してくれてもいいんではないか!?と思う訳です。
F市ってね、こーいうとこ あんまり考えてくれない・・・。

「ここにもし、将来的に”ドッグラン”ができたら、この近くで”わんこ・カフェ”をやるってのは、いい考えだと思わん?」
と言ったのはenoenoです。
・・・今のお仕事も好きだけど・・・そーいうのもいいかなぁ〜って思うんだけど。
ダメですかね・・・。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-05 19:24

黒柴に決めたワケ 番外編

初めて黒い柴犬に出会ったペットショップに寄る前にいた、ショッピングモール内のペットショップ。
今は、違うペットショップになってしまいましたが、そこは 気になる子がいたら、店員さんに頼むと”だっこ”させてくれるお店でした。
それをいいことに、(希望の毛色ではない)ビーグルや 黒いパグを抱かせてもらいました。
そのビーグルは 顔に黒と茶の色が多くて、ちょっとキツい顔に見えたのでパス。
人懐っこくて可愛い子だったんですけどね。
次に抱かせてもらった 黒いパグ
この子は悩みました。外が怖いのか、ブヒブヒ言いながら 肩のあたりまですがりついてきて・・・。
何とも言えない表情に、すっごく心奪われてしまったenoenoだったのです。
でも、次に訪ねたペットショップで、黒柴との”運命の出会い”をしちゃったのです。
ゴメンね、ビーグルと黒パグ!今は幸せにしてることを願いたいです。

凛の初めての旅行で、モデル犬「ぷう&ぽん」パグの2頭に出会いました。
彼等は、標準よりかなりデカいパグ'sで 貫禄充分ですが、やっぱり表情は すごくユニークで多彩です。
飼い主のご主人に「最初、黒いパグを飼おうかって思ったこともあったんですよ。」って話したら、「パグは、フォーン(白っぽい色)の方が 表情が判りやすいから おもしろいですよ。」と言われて、多いに納得したのでした。
小型犬は あまり好きではない我が家ですが、パグには 今だに何となく目が行ってしまうのです。

でも、やっぱり柴犬が好きっ!!
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-03 00:35

黒柴に決めたワケ その2

意地になって ムキになって ネットで探すこと数日、犬種ごとのブリーダーさんと飼いたい人の仲介をしてくれる「日優犬」を見つけました。
黒柴を扱ってるのは「日優犬 埼玉」。
電話をして、ブリーダーさんのところに見学をさせて頂く予約をしました。
その日は平日だったんで ダンナはお仕事で行かれず、enoenoと実家の両親で行きました。
「柴犬の子犬を見に行く」って言っただけで、父は「どこだ?車 出してやるぞ!」と。
enoenoの家からは、結構な距離でした。そこが、杉犬舎だったんです。
そこには、赤い子 黒い子 胡麻色の子、たくさんの柴犬がいました。
日優犬埼玉の田中さんの案内で中に入り「この中の1頭になりますね。」と言われて、柵の中を見ると・・・。
そこには、ママのオッパイをむさぼり飲む”黒い子だぬきがっ!!
まだ生後1ヶ月くらいだったんで、ごろごろした 黒くてまん丸なたぬきが5頭いるようにしか見えなくて。
でも、何だか判らないけど ミョーに感動してしまったのでした。
「ボクは、こっちの方が好きだけどなぁ。」と、赤い毛の柴犬を見てつぶやく父の言葉は無視して、「お願いしますっ!!」と予約をしたenoenoでした。

それから1ヶ月後、家に迎える準備を整えて、今度はダンナも一緒に迎えに行きました。
持って来るように言われたバスタオルは、「お母さんの匂いをつけますからね、寂しくならないように。」と杉さんに言われ、ちょっと切ない気持ちになったのを覚えています。
お母さんと離れた5頭の子犬は、人の胸くらいの高さの台に乗せられていて、enoenoとダンナが近づくと 「うひ!うひ!」ってカンジで、今にも台から落ちそうな勢いでした。
その中で1頭だけ、みんなと違って後ろの方で ママの匂いのついたタオルに ガジガジと噛み付いてる子が。
わふわふと近づいて来る子は そりゃぁカワイイんだけど、何だか気になる あの子・・・。
「どの子にしますか?」と聞かれて、ダンナが「あの子がいいです!」と答えたその子は、タオルがじがじの子でした。

これが、凛との出会いです。
時々ダンナと話すんですが、あの時”がじがじ”を選ばないで ”わふわふ”の方を選んでいたら、果たして どんな子だったんだろう?ってね。
兄妹は、どこにいるのか判りません。
会ってみたいなぁ~・・・って、ホントに思うんですけどね。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-02 01:36

黒柴に決めたワケ その1

ゆうべ暴れまくった凛は、雨降りの昨日も おとなしく家にいるハメになり。
でも、enoeno同様 寝不足気味だったせいで、くーくーと よく寝ておりました。
今夜も、もうすでに寝てしまってます。

「THE DOG」の柴犬カレンダー、3月は黒柴の子犬の写真です。
じっと何かを見つめたり、ひっくり返ってみたりと、すっごくカワイイ。2年前を思い出します。
今住んでるお家は、犬を飼っても良い!というのが売り文句だったので、お借りすることを決めました。その前は、駅に近い高層マンションでした。便利だけど味気ないカンジの・・・。
enoenoもダンナも、犬は好きだけど飼うのは初めて。
「犬のカタログ」なんて本を買ってきて、犬種をどうしようかと迷いました。
2人共 働いてるんで、お留守番のできる子。初心者でも飼いやすい子。
ホントは大型犬が欲しいけど、留守がちな家には不向きかもね~・・・と、諦めた犬種もあり。
実家の父が「柴犬はいいぞぅ~」と、やたらアピールするものの、実は選択外だったのです。
理由は”普通すぎる”。今思えば、笑っちゃう理由です。
ビーグルがいいね!と、一応 考えをまとめて ペットショップ巡りを始めました。
でも、自分達が思い描く毛色のビーグルに なかなかお目にかかれなくて。

ある日、大型ショッピングセンターにあるペットショップを覗きに行きました。
ちょっと気になる子を見つけて、でも即決にはならず、その帰りに近くの小さなペットショップにも立ち寄ってみました。
「どんなワンちゃんを お探しですか?」「あー、ビーグルがいいかなぁって思ってるんですけど。」「今はいないんですよね~・・・。柴犬とかは?」「う~ん・・・あんまり・・・」「今 ちょっとおもしろい子が入ってきてるんですけど。見ます?」「あ・・・はい。」
私達の返事を待たずに、お店の裏に入っていっちゃった店員さん。おもしろい子・・・って?

「この子なんですけど~!」と、店員さんに抱かれてきたのは、ころころまん丸 真っ黒い毛のたぬき
「なんですか、この子?」「黒い毛の柴犬なんですよ~。めったに入ってこないけど。」
もーね、一目惚れでしたさ。ビーグルは、どこかにフッ飛んで行くほどに。
その子は、私達の希望する女の子ではなかったんで、残念ながらあきらめたんですが、もう頭の中は黒い柴犬だらけ。
あの色の柴犬が欲しいっっ!!その日の夜から、ネットで探しまくりの日が続いたのです。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-02 01:04

暴れん坊将軍!?

昨日から、また冷たい雨が降っとりやす。
enoenoは、今日はお仕事がお休みでございます。ダンナも振休をとって 免許の書換に行きました。

昨日は、どうやら実家のじーじ&ばーばが来てくれなかったらしく、凛はずっと家の中に。
enoenoとダンナが帰宅した時には 既に雨が降り始めていたので、凛待望のお散歩は お流れになってしまいました。
目で訴えるものの、一向に腰を上げないenoeno達に諦めたのか、凛はおとなしく寝に入りました。

・・・がっ。
夜中、何に反応したのか わんわんわんわんと吼え始め、ダンナに喧嘩を売ってみたり enoenoに当り散らしてみたり、そりゃぁもー大変な騒ぎで。
怒ったダンナが、寝室から抱きかかえてリビングへ連れて行き、暗闇の中 凛は頭を冷やすハメになったのでした。
眠れなくなったenoenoは、身体が冷えてしまったので もう1度お風呂に入り直し、それから凛を呼びに行き、静かに寝に入ったのは午前3時過ぎ・・・。
寝不足です、はい。

そして、凛は今。
enoenoの隣のイスの上で、くーくーとお昼寝中。
・・・ったくな~。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-03-01 12:52