<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

書き納め

日付が変わり、ついに戌年の大晦日です。

この年の瀬に、昨日「犬屋」へ行ってきました。
お天気も良かったし、何より私が行くのが久々だったので、ちょっと嬉しかったです(^_-)ー★
”こんな時期に来てる人なんてね〜”・・・結構いるもんです。少なかったけど。
日差しが強かったので 芝生でまったりの凛と、何だかもう嬉しくて走り回っちゃってる凪。

▼「あっちで、凪が何かしてるけど・・・?」
e0033676_0174661.jpg


▼「ひゃっほ〜ぃ♪」
e0033676_0184666.jpg


▼で、この2頭が遊ぶと こ〜んな感じ


お陰様で、”仲良し”とまではいきませんが、お互いの存在を認め合えるようになり、凛も随分と寛容になってくれました。
帰るなり、ついさっきまで ずっと2頭のスィッチは OFFのままで、ぐーすか寝ておりました。

今年も、たくさんの皆様に ここを訪れて頂き、嬉しいコメントや 有り難い助言を頂き、心から感謝しております。
特に、凪が我が家の一員になってからは、本当に皆様に助けて頂いたと思っております。
ありがとうございました!

来年も、引き続き この「黒柴日記」を、「黒柴生活」を、どうぞ ご贔屓に。
皆様にとって、来年も また楽しい良い年でありますように。
e0033676_0423310.jpg

[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-31 00:47

マズい・・・です

年末も押し迫っております。
昨日、ようやく年賀状を大量購入しました(´_`)
もちろん、写真用の60円ハガキは売り切れており・・・しょうがないっス。
プライベート用と 生徒さん向けと、2種類の年賀状を作成しなくてはなりませんです。

去年 作った時は まだ凛しかいなかったので、写真を撮るのも まだ楽だったんですが、凪は・・・カメラを向けようもんなら ビョンビョン飛びついて、とてもじゃないけど イイ写真なんて望むべくもありません(T_T)
なので、ワンショット写真は諦めました。
どんな風になったか・・・は、届いた方のみぞ知る、ってことで(^^;

まだ出来上がっていなくて、恐らく元日には届かないと思われます(><;)ゴメンなさい!
・・・なのに、男子フィギュアなんか観ちゃってます♪

あー、イカンいかんっ!!
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-28 23:53

クリスマス・イブ

みなさま。

Merry Christmas!!でございます。

皆様のお家では、さぞや賑やかに楽しいパーティーを催されたことでしょう。

・・・ウチ?
いやはや、地味なもんです、毎年。
飾り付けとかもしませんしね。私が億劫なもんで、また片付け下手なもんで。

夕方、毎年恒例で予約する KFCの”パーティーバーレル”と、ケーキを受け取りに出ました。
KFCのセットにも、”とりあえず”的なケーキは付いているんですけどね・・・やっぱり ろうそくとかの飾りを付けてくれるケーキは、必須ですもんね。
これで、数日間は パーティーメニューの残り物を消化する日々が続く我が家です(T_T)

凛と凪は、チキンのお裾分け(もちろん 衣はあげません!)を たくさん食べて、ご満悦★
おまけに、知り合いの方から 手作りのワンコ用のクッキーやささみジャーキーが届き、ちょっといつもより豪勢なゴハンになったはずです。

たらふく食べた後、しばらく2頭でガウガウとじゃれ合って、しばらくしたら 電池が切れたようにパタッと寝てしまいました。
2頭共、寝言を言ってました。何の夢を見てるんでしょうね〜。

▼お腹ポンポコ凪の、幸せそうな寝顔
e0033676_122256.jpg

[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-24 23:10

やればできるもん。

今朝、午後からお仕事の為に惰眠をむさぼっていた枕元の電話が鳴り、出てみたら 実家の母。

母:「あのね、昨日 お散歩の帰りに凪ちゃんに オヤツをあげようとしたら、”おすわり”したのよーっ!!
私「・・・うん、最近できるようになってきたからねぇ・・・」
母:「なぁんだ、知ってたの?」
私:「・・・てか、そうしなきゃ 何も貰えないことを覚えてもらわないと・・・」
母:「私とお父さんにだけ するんじゃないんだ?」
私:「・・・しつけてるとこです・・・」
母:「あっそ。それだけ。じゃーね。」

・・・これだけの会話の為に、私の貴重な惰眠は妨げられたのでした(T_T)

凛のお相伴にあずかって、実家のじーじ&ばーばから おやつを貰っている凪。
私達から何かを貰う時も、欲しい気持ちが先に立って ”カプっ”と手を噛んでいたのですが、そればっかりされていては コチラの身が保たない・・・。
とりあえず、凛同様 食いしん坊犬へと成長しつつある凪に、まず ”おすわり”を教えました。

どこのワンコも同じかと思いますが、さすがに食べ物が懸かると すぐに覚えますね〜(^^;
ものの数分です。
そして今は、”お手”の練習中です。
でも前足をとると、その手に何かイイものがあると勘違いするのか、まず ”カプっ”です。
これは、もう少し時間が必要のようです。

”赤ん坊”凪も、少しずつ少しずつ できることが増えてきているようです(*^-^*)
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-22 23:15

少しずつ少しずつ・・・

凛と凪。
毎日、そう大きな変化はありませんが、確実に2頭の距離は縮まってきているように思います。

凪は、相変わらず リビングやダイニングで粗相をしてしまいますが、凛に そんなに怒られなくなりました。
恐らく凛が かなり大目に見てあげているように思うんですが、見ている前で粗相をすると 爆発的に怒るので、隠れてコソコソとしちゃっております(^^;
だもんで、私達が気づかずに 片付けを忘れる・・・なんてことも。

凛のお気に入りのチェア、いや私の座るべき場所なんですけど、この隣のダンナ用のチェアに凪が座ることも、始めはダメだったんです。
私やダンナが抱っこをしていても、です。
それが・・・

▼「何かくれるの!?」 by 凛&凪
e0033676_0364423.jpg


・・・なんですかね、この ”おりこうさん”振りは(^^;?
凛ちゃん!目がつり上がってるけど!?
凪ちゃん!猿顔のキツネみたいだけどっ!?

ともあれ、長時間の留守番は まだ一緒にできませんが、朝起きてから お仕事に行くまでの時間と、私かダンナが帰宅してから寝るまでの時間は、リビングで家族団欒しております。
まぁ、ほおっておくと 運動会が始まるんですけどね。

しばらくは、この調子で見守っていくことにします。
e0033676_124688.jpg

[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-18 23:29

教育係

先日の、”凛、凪の耳をガブリ!”事件では、たくさんの皆様からコメントを頂戴し、感謝しております。
凛&凪を 暖かく見守って下さって、本当にありがとうございますm(_ _)m

今日はダンナがお休みだったので、一日中 2頭から目を離さず 一緒にいられました。
凪は、凛に”粗相”の件で怒られたのを 少〜しだけ理解しているのか、凛が目を光らせている場所ではしなくなりました。
・・・隠れた場所には その形跡があるので、困るのは私達なんですが(^^;
凛も、思い切って 1回ガブッとやった為、比較的 落ち着いて凪に接しています。

こういう姿を見ていると、人間にも置き換えて言えるものだなぁ、と。
日頃から ギャンギャンと「○○しなさいよーっ!」とか「勉強したのっ!?」とか「だーから、ママが○○しちゃいけない、って言ったじゃないのーっ!」とか、ヒステリックに繰り返し怒りまくるよりも、たった1回 ガツン!と言う方が 効果があるんですよね。
子供も、親が見ていないところで悪さをする・・・でも、たった1回 がっつりと怒られた記憶が残っているから、決して度は越さない。
凛と凪を見ていると、そんな風に見えて仕方ありません。

凪は、凛の様子を伺いながら 無謀な戦いに挑んでいきます。
でも凛も、そんなに機嫌の悪い時でなければ、ジッと我慢して「・・・しょうがないわねぇ・・・」と諦めたような顔で対応してくれています。
凛が賢い子であることに、感謝しなくてはいけませんね〜。

▼「さっき、おねぃちゃんと遊んだの♪」「・・・ヘトヘトだわよ。」の図
e0033676_23164535.jpg

[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-13 23:17

難しい・・・なのだ。

凛と凪を 相部屋にしてから 丸2日。
ガウガウしながらも、なんとか ウマくやってくれているのかなぁ、と思っておりました・・・

が。

凛には、どーしても許せないことがあったのでした。
それは。

凪の粗相。

トイレのしつけが まだ完全ではない凪は、リビングやダイニングの フローリングの場所で 粗相をしちゃうんですね。
そうすると、凛が 猛然と怒る怒る!!
やっぱり、”自分の陣地”を汚された・・・というか、マーキングでもされた気になってしまうようです。
凪は、”この世の終わり”のようなキャンキャン声を上げて、尻尾を下げて 部屋の隅に逃げる始末。

さっきも凪は、ダイニングの隅で しっこをしてしまって 凛に怒られたばかりなのに、2度目のしっこまでしてしまったので さぁ大変(@@;
凛は、堪忍袋の尾が切れたように怒り出し、凪の耳をガジッ!!
ギャンギャンと悲鳴を上げる凪の耳は、凛に ちょっと噛まれた後から血が出てしまいました・・・(> <;

凪の耳を消毒して ケージに戻すと、凛は すぐに落ち着いて 甘ったれに戻りましたが。

ちょっと油断しました(T_T)
なかなか難しいもんです、”相部屋”も。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-11 23:35

祝!!相部屋なのだ

今日のお仕事中に、家にいるダンナから「凛ちゃんと凪と一緒に、まったりしてるんだよー」とのメールが。
写真を見ると、確かに 凛と凪がリビングで一緒にいる!?
お仕事帰りに ダンナに車で迎えに来てもらえば、またもや 凛と凪が一緒にいる・・・!

私が留守の時に、ダンナが凪をリビングに連れて入ったところ、特に威嚇する様子も 攻撃的な様子もないらしく、そのまま日中を過ごしたようです(@ @;
私が帰ってからも、凪は ”遊んでよ”攻撃、凛は ”ちょ、ちょっと待ちなさいよ”状態で、狭いリビング&ダイニングが 2頭の運動会と化しました(^^;

凪は、その見た目からは想像もつかないような野太い声で ギャンギャン騒ぎ、凛もまた 見かけ倒しなか弱い声で ニャオニャオと猫のような声で 凪を必死で制止させる有様・・・。
勝ち気な凪が どんなに ちょっかいを出しても、優しい凛は 声は大きくなっても 決して本気になることはないんですね。
それが、ちょっと嬉しかったなぁ(*^-^*)

▼運動会が収まったかと思いきや・・・


圧倒的に、凪の勝ち!です。

私達の夕飯をねだることも忘れ、凪の攻撃を必死で防衛した凛の、疲れきった姿・・・
▼・・・これから毎日 こーなわけ・・・?
e0033676_0453383.jpg


さんざん遊んで、ちょっとボォ〜ッとしている凪
▼ちょびっと眠くなってきた・・・
e0033676_0464335.jpg


何はともあれ、2頭とも怪我なく無事に 相部屋で過ごすことができそうです。
・・・でもなー、TVの音も聞こえなくなるくらいの運動会が、これから毎日繰り広げられるのってなー・・・。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-09 23:35

”やむを得ない事情”なんて、無い。

昨日、感動的なドラマの話を書いたばかりだというのに、今夜は とてもつらい現実を見ました。
某ニュース番組で報道されていた、ペットの処分の話です。

ペットを飼うことがブーム(?)になり、需要と供給のバランスが崩れ、その挙げ句 ”いらない子”ができてしまうという現実・・・。
それと、人間の考える ”やむを得ない”という 勝手な事情で捨てられる犬達・・・。
そんな彼等は、二酸化炭素が充満する箱の中に 10頭近くも詰め込まれ窒息死させられる、って御存知でしたか?
年老いた犬もいれば、まだ耳の立たない月齢の小犬まで、です。
遊びたい盛り、お母さんの側にいたい盛りの小犬達は、何の為に この世に生まれたんでしょう。
今現在、一日に約1000頭ずつが その命を無理矢理終わらされているそうです・・・。

そのペットの多くは、飼い主の手で持ち込まれるそうですが、身勝手な理由や「やむを得ない事情」とやらで 殺処分を望むそうです。

”やむを得ない事情”って、何ですか?
そこに彼等を持ち込む前に、四方八方 手を尽くしたんですか?
彼等と同じように、心臓が動き 血が流れ 感情がある人間にも 同じようなことができるんでしょうか?
命の重さは同じなのに、そういうところだけ”動物だから”って 差別するんですか?

ダンナも、テレビを観ながら「”やむを得ない事情”なんて、あるはずねぇんだよ。」と呟いておりました。同感です。

・・・まぁね、そういうことを平気でする人が、これを読んでいるとは 到底思えません。
お願いだから、”みんなが飼ってるから”って理由で飼わないで。

・・・どうして捨てることなんて できるんだろう・・・・
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-06 00:07

やっぱ、柴犬でしょ!

ついさっき、TVドラマを観てました。
TBSで放映された「君が光をくれた」というドラマです。
問題のある子が共同生活を送る施設に、安楽死送りの手前で救い出された1頭の柴犬が来て、リストカットを繰り返す少女や 一緒に住む少年や少女に、その施設での生活や 施設を卒業した後の未来に 勇気と希望をもたらす・・・という内容(かなり大雑把なあらすじですが・・・)でした。

そのドラマに登場し、かな〜り重要な役所の 赤柴ワンコ。
これが、かなり カワイかったのでした(*^-^*)

どんなワンコも同じかとは思いますが、柴犬が じぃ〜・・・っと見つめる表情は、ホントにいじらしいです。
恐らく、どんな人をも虜にしてしまうのではないか?と思ったりします。
あ、もちろん私は かなりの”柴犬フリーク”というか ”柴好き”ですので、うがった見方かも知れませんが。

柴犬って、黒目がちなんですよね。それも 結構ウルウルの。
あの目でじぃ〜・・・っと見られちゃうと、何でも許してしまいそうになっちゃいます(^^;
”真摯”とか”忠実”とか、日本人の好きそうな言葉がピッタリくる視線なんですね、あれ。
その視線で見つめる凛や凪に、何度救われ、また何度 わがままを許してきてしまったことか!

ドラマを観ながら ダンナは「あ、今 このシーンで、”柴犬を飼おう”と思った人が5人は増えたな!」とか「ここで8人にはなったな!」とか言っておりました(^^;
爆発的なブーム(過去のハスキーや チワワや トイ・プードルのような)はないけれど、柴犬って普遍的に人気な犬種なんですってね。
確かに、ワンコ雑誌に必ず掲載される「今年人気の犬種、ベスト10!」みたいなランキングにも、毎年必ずランキングされますし。
「一度 柴犬を飼っちゃうとね〜、他の犬種が欲しいと思わなくなるんだよねぇ〜。」と、何度聞いたことか。

不思議な魅力です。柴犬って。
ドッグランとかでは「あ・・・柴犬だ・・・」と、比較的 邪険にされがちですが、こういうドラマに 小型の洋犬は出てこないんですけどー。ふふん。
やたらめったらギャンギャンと吠えまくる小型犬よりも・・・
やっぱり、飼い主の目をじぃ〜・・・っと見てくれる柴犬!ですよねぇ。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-12-04 23:15