そんなところで・・・

凛も 3歳の誕生日を過ぎ、増々「おイタ(”いたずら”のことです)」をしなくなり、家中を歩き回られても 警戒(私らが、ね)せずに済むようになった。
掘られた畳や 鼻っ面で破かれた障子、「出して。出しなさいよ。」とガリガリ削った襖紙は目をつぶるにしても、だ。

今朝も、家中のドアを開けっ放しにしておいたところ、ちょっと目を離したスキに 姿をくらました凛。

二度寝の定位置であるチェアや リビングの隅っこ・・・いない。
寝室・・・いない。
お風呂場・・・行くわきゃない。
じゃ、2階のenoenoの部屋にでもいるんだろうと見に行っても、その姿が・・・ない。
隣の洋服収納部屋(ただの納戸代わり)を覗いても、姿が見えない・・・。

へ!?

外へは出られないようにしてあるから、家の中にしかいないはずなのに。

・・・まさか・・・

”神隠し”????

いやいや。そんなハズもなく。

結局、洋服収納部屋(だから、納戸です)の一番奥、enoenoの洋服を掛けてある 大きな「クルクル回るクローゼット・ハンガー」の下に寝そべって、ついでにイビキまでかいて寝ていたわけで。
壁との隙間は、わずか10数センチ。

なんでまた そんなところで、イビキまでかいて寝るかなー。
[PR]

by kuroshiba-ring | 2006-06-20 23:59

<< 「一緒に遊ぼ!の会」 新しい場所 >>